FC2ブログ

子どもたちを育てる「地域」の喪失(1)

千葉市でも臨時休校が続いています。

教師は毎日、学校保育を希望している子どもたちを「見守り」(千葉市ではこう呼ぶように指導されている)、卒業式の準備や学年末の成績付けの仕事に追われています。

  この時期、日本の教師に何ができるのでしょうか。

  学校で教育する意味って、何なのでしょうか。

  学校で教育ができないこの時期、あらためて問われているような気がしてなりません。

つまり、今、私たち教師が考えなければならないことは、まさに「学校教育の意味」であり、学校再開後、いまの経験・学びをどう生かしていくか、だと思っています。

そして今、この国には、子どもたちを守り、そして育てる「地域」が無くなっていることに気づくのです。

学校はもっと地域に拓かねばならなかったし、地域はもっと「学校」を育てなければならなかったのでしないでしょうか。

もう少し具体的に考えていきたい問題です。





コメント

非公開コメント

ブログ内検索

ランキングアップにご協力を

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ 嘘芝居な学校を超えて - にほんブログ村

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター