FC2ブログ

削られる清掃時間

授業時数回復のための7時間目を行うために、清掃時間を削ったり、なくしたりする地域・学校が増えています。

日本の、子どもの学校における清掃活動は、世界で注目されているそうです。欧米の学校では専門の清掃員が学校の掃除をするのが一般的で、学校を子どもたち自身が掃除する国は少ないからです。

日本の学校がこんなにもこだわってきた清掃活動が、学校再開での授業時数回復のために、いとも簡単に削られてしまう……。

清掃時間が削られようとしている今だからこそ、なぜ日本の学校は、子どもが掃除をすることにこだわってきたのかを考えてみましょう。

清掃活動について…、つまり、学校で子どもが掃除をすることについて調べてみると、世界の中でも賛否両論あることがわかってきました。全世界から称賛されているわけではないようです。

教育としてすばらしい取り組みだとする意見と、逆に、児童虐待になりかねないと懸念する意見、学校は掃除よりも勉強の場所であると主張する声もあります。

また、最近の清掃活動は、一斉行動のための訓練重視で黙動(モクドウ 黙って働く)させている学校が増えてきています。子どもたちの、自主的な気づきや工夫を認めず、ただひたすら黙ってマニュアル通りに動くことを重視する傾向が広がっています。

清掃活動は、一斉行動訓練のために取り入れられたのでしょうか?

『沖原豊著『学校掃除』(1965・学事出版)』 によると…、

子どもが学校を掃除する国は、日本を初めとするアジアの仏教国、または仏教的伝統をもつ国々です。

これらの諸国では、掃除を開悟(カイゴ 迷いから脱却して真理を悟ること)の手段、人間修行の重要な方法とみなす仏教的掃除観が、学校掃除の背景をなしているようです。

すなわち、掃除は単に身辺を清潔にするだけでなく、それは心の塵(ちり)や垢(あか)を取り除く「心の掃除」に通じるものをもっている、としています。

また、わが国の掃除は穢(けがれ)や不浄を忌む(いむ)神道の清浄感にも深く根ざしていて、学校掃除の背景には、神道の影響もみられるようです。

清掃活動に「心の教育」の面があるかどうかは意見がわかれるところですが、子どもたちが共同して作業する「自治の力を育てる」という意味においては、教育的に利用できる時間ではあると考えます。

しかし、子どもに何も考えさせず、ただひたすらマニュアル通りに動く清掃指導であるならば、子どもの働く意欲を削ぐという意味において、教育的には逆効果になるのではないでしょうか。



コメント

非公開コメント

ブログ内検索

1日1回ポチッとヨロシク!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

しおちゃんマン★ブログ

shiochanman_2.png

塩崎義明(しおちゃんマン)の『公式メインブログ』です。教育問題について語ります。⇒ 管理画面

37年間千葉県の小学校で学級担任として勤務。退職後2つの大学で非常勤講師。生活指導・進路生徒指導、特別活動、発達障害と学級づくり等の講義を担当。2月、3月には小学校現場にも臨時講師として勤務。全国生活指導研究協議会常任委員。著書『教師と子どものための働き方改革』『学校珍百景』 他。黒猫大好き。

さらに詳しいProfile……

公式サイト 塩崎義明OnlineOffice



塩崎宛メールフォーム
mail2020_100.png

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

oshio412b9c9f-s_2.jpg

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






PVポイントランキングバナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

カウンター