FC2ブログ

集中しないことを個人の問題にしない

話を聞けないことをその子個人の問題にしないことが大切です。つまり話を聞けないことを集団みんなの課題にするということです。

私の場合、若い時は、
「先生が手をパンパンと二度叩いたら大切な話をする時だからさっと先生の顔を見ること」
という提案を子どもたちにしてそれを集団決定事項にしたことがあります。

この「集団決定事項にした」ということが大切な「遊び心」でして、つまり「集中すること」を教師側の課題ではなく自分達の課題にしたという意味です。

みんなで決めたことはみんなで守るべきだし、守れない時にはその解決方法をみんなで考えるべきだということを子どもたちにつきつけたということです。

しかし最初から子どもたちだけで解決はできないので、最初は教師が課題解決のための新たな提案をしたり、子どもたちの動きを評価したりしていくわけです。

たとえば「パンパンと手を叩いたら三秒で集中できるようになったからから次は一秒を目標にしよう」と子どもたちに提起したりするのです!

また、評価は個人的にするのでなく、集団的にすることも大切です。

「一班さん、すごく姿勢がいいね」
と評価するのは、実は他の班に動きをつくり出すためです。

試しに、
「一班さん姿勢がいいね」
と評価してみてください。必ず他の班内部で「姿勢をよくしよう」という声のかけあいが生まれるはずです。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター