FC2ブログ

胃カメラ(衝撃_1)

22日(木)に人間ドックを受けました。

教師は年に一回、健康診断を受けることを義務づけられています。自分のためでなく、子どものためなんだと理解しています。

私が毎年、再検査や要治療の勧告を受けるのが、血糖値が高いことと目、そして胃です。

糖尿病治療と眼科には定期的に行っているのですが、その上、胃に異常があったりしたら、時間的にも精神的にもとても仕事なんかやってられない…と、胃の再検査勧告については毎年無視してきました。でも、もちろんこのままではマズイと……。

再検査は胃カメラを飲むのですが、今年も再検査を勧告されるのだったら、はじめから胃カメラを飲めばいいと考えました。(今まではバリュームを飲んで写真を撮る検査)。これで異常があったらしかたがない。

胃カメラを飲むのは生まれてはじめて。経験者に聞いてみると、とてもつらいとのこと。しかし、眼科で目の裏を縫われる経験をしたのだから…、とひらきなおって受信しました。

最初に麻酔液を3分間、うがいをしてのどにしみこませます。この時に、肺にマスイ液が入ってしまってあとで大変なことになりました。(聴診器をあてられた時、「肺がゼイゼイ音がしています」と言われる)。でもその時は気づかず。

続いて個室に案内されて体を横向きに。目の前には胃カメラが映す画像があったのですが、見ないことに決めました。

穴のあいた入り口をくわえさせられて、そこからカメラが入っていきました。

「ゴクンとしてください」
と言われましたが、できるわけがありません。猛烈な不快感があったので顔を思いっきりしかめました。

「のどを通る時が一番つらいときです。あとは楽ですから」
と言ってくれたので、我慢しました。

約5分間、「理不尽な不快感」を味わって終了。

気がつくと、口元にはたくさんの液体が。麻酔で気がつかなかったのですが、自分でかなりの液を出していたようです。

終了後のお医者さんとの会話。
医者「理想的な胃でなんの問題もありません」
私「えっ?毎年再検査になってしまうのですが??」
医者「健康な胃にありがちなポリープがあるからです。でもなんの問題もないです」
とのこと。

ほらみろ!!
と、誰かにいばりたい気持ちだったのですが、いばる相手もいないので、ここに書きます。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター