FC2ブログ

国語「わすれられないおくりもの」(小3)

●あなぐまの側からストーリーを読み拓いてみる
最後の場面では、もぐらや他の動物たちの心情を読み取ることがほとんどの授業で行われていますが、ここではあえて、あなぐまの側からストーリを読み拓いてみることにしてみました。そのことによって、逆にもぐらや動物たちの心情にさらに豊かにせまれると考えたからです。具体的には、亡くなっているあなぐまの今の表情を予想したり、なぜそのような表情をしているのかを考えたりすることでした。

●絵を見るとこと・描くことで読みのイメージをふくらませる
文字からだけではなかなかストーリーのイメージの広がりが見られないと予想されたので、最後の場面の挿絵を大きく掲示したり、今、あなぐまはどこにいるのかを考えたりすることでストーリーのイメージの広がりを期待しました。また、あなぐまの表情を描いてみることで、自分が読み拓いたイメージを図でえがきながら、それを文章にしていくといった試みもしてみました。

※研究授業は、学年の若い先生が展開しました。

[発問]
あなぐまさんはどこにいますか
dokoni.jpg

DSCF4207.jpg

発問
その時のあなぐまさんの表情を描いてみよう。
またその理由も書きなさい。
DSCF4212.jpg

DSCF4217.jpg

発問
もぐらさんの「ありがとう、あなぐまさん」のあとの思いをふきだしに書いてみよう。
DSCF4222.jpg

DSCF4224.jpg

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

このblog の紹介

 塩崎義明(しおちゃんマン)の公式メインブログです。教育問題について語ります。

管理画面


しおちゃんマンProfile
 37年間千葉県浦安市の小学校現場で学級担任として勤導論などを担当。全国生活指導研究協議会常任委員。黒猫大好き。

塩崎義明OnlineOffice




oshio412b9c9f-s.jpg

全生研
しおちゃんマンツイッター
Facebook 塩崎義明
しおちゃんマン Facebookページ
Instagram YoshiakiShiozaki

【しおちゃんマンの本!】
【最新本】






2刷目!!
皆様のおかげです♪





【旧】ザ・教室blogはこちら。膨大な過去ログあり。
blog.gif

このblogのカテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

ヨシムネ&ねね

しおちゃんマンの飼い猫、黒猫ヨシムネと ねね

ヨシムネ
ヨシムネ ♂
2005年8月生まれ。2006年8月に動物病院からしおちゃんマン家にやってきた。

ねね
ねね ♀
2008年6月生まれ。教え子(当時小6)達が公園で保護。2008年6月よりしおちゃんマン家の家族に。2017年7月28日逝去。

カウンター